セキュリティ最新ニュース SECURITY NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Security

米国ランサムウェア(身代金ウイルス)拡大の背景と、「実際に感染してみます」予告

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN0WH0VZ
より

【記事概要】

  • 米のセキュリティ会社4社の調査で、「ランサムウェア」犯罪の背景として中国政府の支援でハッキングを行っていたハッカーの存在を示唆
  • 過去3ヶ月に起きた、少なくとも数件のケースでは、ネットワークに侵入し動き回る技術や侵入管理のソフトから中国政府の支援を受けた過去の攻撃方法に類似している
  • 背景として、昨年末に、米中両政府が経済スパイ対策を立てる事に合意、以降中国政府のハッカー行為への支援が縮小された
  • 失業したのでランサムウェアで収入を得るため動いていることが考えられる。

【コメント】

  • 日本でも、ここ最近のランサムウェアの数に、如実に現れています。
  • 英語だけでなく、フランス語でのメールも来始めました。

French Malware

  • 今朝、個人ドメイン宛に届いていたマルウェア入りメールの一覧。多いですね。

Malware Mail List

  • あんまりにも多いので次回、「まとめて感染してみよう」、さらに「Check Pointで動きを止めてみよう」をお送りしてみようと思います。
    お楽しみに。(マネしないでください)
  • こんな感じで、仮想Windows上でデスクトップに添付ファイル(マルウェア)を置いて順番に感染しては、リセットを繰り返して行く予定です。

スクリーンショット 2016-03-29 10.12.40

 

記事一覧に戻る

お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る