CheckPoint600 アプライアンス(グローバルエージェント様 特設ページ)

あなたの会社のセキュリティ対策は万全ですか?今はもう、セキュリティソフトだけでは防ぎきれないのです!

これ1台で鉄壁のガードが可能に!世界初の小中規模ビジネス専用アプライアンスCheck Point 600アプライアンス
(1)コーヒー1杯/日ほどの価格で脅威から守る(2)さまざまな接続クライアントに対応可能(3)セキュリティレポート機能付き「何時」「誰が」「何を」を可視化(4)専門知識なしで堅牢なセキュリティを実現します。
Check Point 600アプライアンス 資料請求・お問合せ

インターネットセキュリティ、特に考えなくても大丈夫と思ってませんか?

家のカギの場合

南京錠もシリンダーキーも危険です。

泥棒の心理として、狙いやすいところから狙うと言われています。鍵もインターネットセキュリティも最新にする事で、攻撃者が狙う、優先順位を下げていきます

中小企業におけるサイバー攻撃の実態こんなこと、思っていませんか・・・?

  • アンチウィルスソフトが入っていれば安心でしょ
  • サイバー攻撃で「やられた!」なんて聞いたことない
  • 大企業じゃないし、うちの会社は狙われないよ

ウイルス対策ソフトウェアが死んだと、シマンテックのセキュリティ専門家は言っています。

Norton Anti-virusを取り扱う Symantec社の上級副社長、ブライアン・ダイ氏はウイルス対策ソフトで検知できるウイルスは全体の45%にすぎず、55%以上のウイルスは検知できず素通りしていると言っています。ウイルス対策ソフトだけでは仕組み上、対応が出来ないネットワーク上の脅威がたくさん存在するのです!

攻撃目的の変化

サイバー攻撃の目的

  • いたずら
  • 自己顕示
  • 政治的発言
  • ・未対策のパソコンのハードディスクを無差別破壊
  • ・官公庁系のWebサイトの改ざんし、ニュースとなる

攻撃者の自己顕示欲を満たすことを目的とし、金銭目的ではなかった

サイバー攻撃の目的

  • 預金口座(法人・個人)
  • 個人情報
  • ・預金口座や個人情報を狙った被害の急増
  • ・法人の口座を狙う
  • ・個人情報を入手して企業を脅迫するネタにする

金銭的利益を享受することを目的としているなど攻撃目的が変化している

攻撃目的が具体的になると標的も具体的に

  • ・目的=どこでも
  • ・ホースで水を撒くように、ウィルスを無差別にばらまく
    ※愉快犯はどこかに引っかかればよかった。
ウイルスを集める事が簡単なので、手口はすぐに知れ渡りやすかった
  • ・攻撃先は事前に決定する(標的型攻撃)
  • ・ピンポイントに独自のウイルスを送りつけてくる
  • 未知の手口で、世間に知れる前に攻撃完了。
    自分の存在を消して攻撃履歴を消滅。
  • サンプルをとっての対策が出来ない。
今までのウイルス対策ソフトでは、効果がない
社内の従業員を装った、偽メール。開くとウイルス感染するファイルだった!

ネットバンキングの不正出金被害はウイルスに感染した事が主な原因(86.3%)

アンチウイルスソフト入れてた割合は→80.4%!!それでも銀行口座が抜かれてる!

銀行口座残金が0になった被害

銀行口座被害額グラフ
  • ウイルス感染済のネットバンク利用者が、本物サイトにログイン
  • ウイルスの動きで残高を確認。偽物サイトに誘導
  • ネットバンク利用者が偽物サイトで振込処理。ワンタイムパスを使った瞬間!
  • ウイルスの動きで、ワンタイムパスワードを確認し60秒(一例)で切り替わる前に本物のシステムにアクセスし、指定した(架空)口座へ。確認した残高をワンタイムパスワードを使って振込する。
  • 残金ゼロに!

被害者が企業の場合

個人より高いレベルのセキュリティ対策を取っていなければ補償が受けられなかったり減額されたりすることがあります。

ある裁判での判例では「会社のセキュリティ対策が不十分であり、銀行の責任は問えない」として会社側の訴えは認められませんでした。

ウイルス対策ソフトだけでは、仕組み上対応が出来ない
ウイルス対策ソフトだけでは、仕組み上対応が出来ないネットワーク上の脅威がたくさん存在します。

SMB(小中規模ビジネス)の意識実態

Qなぜ貴社は、セキュリティについて真剣に考えないのですか?

標的方攻撃を受けた企業の規模別割合

標的方攻撃を受けた企業の規模別割合のグラフ

大規模な企業は、セキュリティ対策済で攻め込む方もコストがかかると判断し、中小企業の方がセキュリティが甘いと攻撃対象をシフト。2014年以降割合が激増。

「正常性バイアス」という言葉をご存じですか?

バイアスとは・・・「偏り」
正常性バイアスとは、社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のことを言います。 自然災害や事故、事件などの何らかの危機的状況になっても、都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価し、何らかのアクションを起こすことをせず結果、「逃げ遅れ」の原因となるとされています。

何らかの警告・予兆があっても「自分だけは(今回は)大丈夫」という根拠のない自信

同調性バイアスと正常性バイアスの事例

1980年11月20日午後3時30分頃、栃木県川治温泉の川治プリンスホテルで3.582平方メートルを焼失する火事が発生しました。白昼に起きた火災にも関わらず死者45人、負傷者22人という大惨事となりました。
出火当時、ホテルには112名の宿泊客がいましたが、火災発生の初期段階で火災報知器のベルが鳴動しているにも関わらず、ホテル側が「試験だから心配しないように・・・」と館内放送を流ており、実際に当日点検が行われていたのですが点検の警報かを確認せず、この館内放送を流してしまったため惨事が大きくなったと言われています。

しかし、宿泊客のうち、火災報知器に気づき様子を見に行ったグループは助かったと言われていますが、多くの人に防災心理学でいう「正常性バイアス」「集団同調バイアス」が働いていた可能性が指摘されており、それが大惨事の原因の一端になったものとされています。

まずはこれだけすぐにやりましょう!

OSのアップデート

OSのアップデートをしないのは、家の鍵がかかってない状態。勝手口だらけになっているようなものです。PCはスリープではなく利用しない場合には、PCの電源を切る癖を付けましょう

無料Wifiでのネットバンク禁止

無料WiFiでのネットバンク利用は、深夜の裏通りで札束を勘定してるのと同じです。他人に丸見え状態なのです。

  • (1)手持ちの携帯テザリングを利用
  • (2)無料WiFi利用時は、VPN利用必須
そしてウイルス対策だけでダメならば何をすればいいの?

UTM(統合脅威管理)が必要です。

Unified Threat Management (統合脅威管理)とは、コンピュータウイルスやハッキングなどの脅威からネットワークを効率的かつ包括的に保護する管理手法のことで、ウイルス対策含むあらゆるネットワーク警備を行う機械のことを指します。外(インターネット)と中(会社)の境い目に設置する、ゲートウェイ(門番)機器のこと。

セキュリティ対策どちらが万全ですか?「パソコン個別でウイルス対策ソフト」「インターネットの入口で外部からの脅威を阻止+パソコン個別でウイルス対策ソフト」

現在必要なセキュリティの仕組み

UTM(NGTP,NGFW)が必要

  • 1990年代推奨 ウィルス対策ソフト
  • 2000年代推奨 ファイヤーウォール+ウィルス対策ソフト
  • 2010年代推奨 UTM +ウィルス対策ソフト 現在では入り口・出口で多層防御が必要。
CheckPointのセキュリティ

CheckPointとは?

CheckPointはイスラエル製で以下の特長があります。

  • 1開発拠点はイスラエルとベラルーシ。共に、軍事産業に注力しており、暗号化技術を始めセキュリティ技術力が高い国家です。
  • 2大規模企業での採用実績No.1!
    Fortune100の全企業に(USの価値ある企業ランキングTOP100)CP社のセキュリティ機器が導入されています。
  • 3このようなノウハウを活かし、2012年より小規模ビジネス製品として600シリーズを展開しています。

Check Point 600アプライアンス 資料請求・お問合せ

)は必須となっております。お間違いのないようご記入をお願いいたします。

ご氏名* (例:宝太郎)
お勤め先名* (例:株式会社宝情報)
ご連絡先電話番号* (例:0600001234 , 09012345678)
ご連絡先メールアドレス* (例:sample@takarajoho.com)
お問い合わせ内容* (例:製品の案内を受けたい、製品の取り扱いを検討したい)
見込み客のデータ元
(*フォーム入力された情報はSSLにて保護された状態で送信されます。ご安心下さい。)

世界初のSMB専用アプライアンス 600アプライアンス
世界初のSMB専用アプライアンス 600アプライアンス

1ゲートウェイセキュリティ機能

Check Point 600アプライアンスには、様々な脅威からSMBを守る数多くのゲートウェイ・セキュリティ機能が搭載されています。

  • ファイアウォール

    Fortune100の全ての企業に導入された、最高水準のセキュリティを実現。

  • 先進ネットワーク&クラスタリング

    Fortune100の全ての企業に導入された、最高水準のセキュリティを実現。

  • URLフィルタリング

    クラウドを活用したデータベースで日々フィルタするURLをリアルタイムに追加。

  • アプリケーションコントロール

    5600以上のWebアプリケーションに対応し、セキュリティ・ポリシーを直感的に作成可能。

  • IPSEC VPN

    企業ネットワークに社外や支社から安全にアクセスするためのソリューション。

  • アイテンティティアウェアネス

    ユーザやグループ、そして端末を詳細に把握してアクセスを管理。

  • アンチボット

    感染したPCを検出し、ボットと指令サーバの通信を遮断して被害を予防。
    (2014年12月提供開始予定)

  • アンチウィルス

    ユーザに影響が及ぶ前にゲートウェイでマルウェアを検出して保護。

  • モバイルアクセス

    社外から社内のアプリケーションへの安全なアクセスを実現。

  • 不正侵入防御/IPS

    低コストで革新的な侵入防御システムを提供。

  • アンチスパム&Eメールセキュリティ

    Eメール・インフラストラクチャを保護し、97%以上のスパム検出を実現。

2モバイルセキュリティ

  • 多様な接続クライアントに対応。
    各種モバイルVPN接続用アプリケーションを提供

    • Check Point VPN clients(Windows/Mac)
    • Mobile client(Android/iOS各ストアで提供)
  • 多様な接続方式に対応

    • Check Point VPN clients(Windows/Mac)
    • Mobile client(Android/iOS各ストアで提供)
  • アプリケーションのインストール画面

    アプリケーションのインストール画面

33Dセキュリティ

  • 標準でセキュリティレポート機能を用意
    セキュリティを「見える化」します

    指定の間隔でレポートを作成(毎時/毎日/毎週/毎月)

  • ユーザ認証と連携してインターネット利用状況、
    セキュリティイベントを可視化

    3Dセキュリティ

    「何時」「誰が」「何を」したのかレポートが可能

4マネージドサービス

専門知識を必要とせずに、堅牢なセキュリティを低コストに運用できるソリューション

ゲートウェイ機器だけでなく、セキュリティ機能の管理まで、インターネット経由で専門家が行なうマネージドサービスです。ITセキュリティ担当者や専任のITマネージャーが居なくても、複雑な運用管理を心配することなく、安心してインターネットを利用できます。

マネージドサービス

管理内容

  • デバイスのリモート管理
  • 自動ファームウェア更新
  • クラウド・ベースのログ管理「Log Cloud」
  • ユーザに特化したレポート「3Dセキュリティレポート」

クラウド環境を利用した管理

  • 設定ファイルのクラウドバックアップ
  • クラウド上でのログ・レポート管理
  • クラウド経由での設定変更
  • クラウド経由でのデバイスのトラブル対応及び動作確認

諸元表

モバイルアクセス同時5同時20

アプライアンス 620 680
推奨ユーザ数
VPNとファイアウォールのみ 最大20 最大100
次世代脅威対策を有効化 最大10 最大50
パフォーマンス
ファイアウォール(Gbps) 0.75 1.5
VPN(Mbps) 140 220
IPS(Mbps) 50 100
アンチウイルス(Mbps) 50 100
接続数/秒 5,000
同時接続数 200,000
ハードウェア
インタフェース 8×1GbE LAN, 1×1GbE DMZ, 1×1GbE WAN
USB 2
PCI Expressスロット 1
SDカード・スロット 1
3Gモデムのサポート 対応
寸法
センチ(W×H×D) 22 x 4.4 x 15.24 cm
インチ(W×H×D) 8.75 x 1.75 x 6 in
重量 1.2 kg (2.65 lbs)
環境
使用環境 温度:湿度(結露なきこと) 0℃〜40℃ 5%〜95%
電源仕様
AC入力電圧 100 – 240 VAC
周波数 50 – 60 Hz
電源仕様 12/2A DC 24W
消費電力(最大) 16.68 W

※記載された写真、内容および製品の仕様は改良のため予告なく変更される場合があります。
最新の仕様については、メーカーのホームページ等でご確認ください( https://www.checkpoint.co.jp )。

お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る