製品・サービス情報 PRODUCT,SERVICE製品・サービス情報 PRODUCT,SERVICE

概要

いつでも どこでも どこにでも
リストア可能
(別の拠点や異なる機器へも復元可能)

クラウドバックアップサービスクラウドバックアップサービス

機能

簡単設定
従来型のバックアップソフトでは、初期設定もリストア(復旧)手順も全てにおいて複雑で、運用をするために、多大な労力をかけてノウハウを得ることが必要でした。当サービスは、ソフトインストール、ログイン、バックアップフォルダを選択。数クリックで以降の自動バックアップ設定が完了します。
2重暗号化
インターネット経路を使うクラウドサービスで一番気を使うのはセキュリティ、特に社内の機密データを扱うこともあるクラウドバックアップは、2種類の暗号化技術を使い、ファイル送信中の傍受を防ぐ仕組みを持っています。
  • (1)通信経路のSSL128bit暗号化
  • (2)ファイル送信前にBlowFish448bit暗号化
高速転送・高圧縮
ブロック化と言われる技術を使い、ファイルをバラバラのブロック状態にして送信します。バックアップの旅に同じファイルを送信するのではなく、変更箇所のブロックだけを送るので、データ送信量や、保存容量を節約し、高速に転送する工夫がされています。
多世代バックアップ
前述のブロック化技術により、データの差分だけのバックアップをする仕組みのため、好きな世代(時点)のデータを、好きなフォルダだけ、インターネットさえあれば場所にも拘らず、好きな場所でリストア(復旧)してくることができるようになっています。
セットボックス(オプション)
非WindowsのNASが部署単位や中小企業様で広く利用されています。当サービスではNASのバックアップも取得できるようにセットボックスをオプションでご提供しています。セットボックスはバックアップソフトと、バックアップ設定が入った状態で出荷される専用機です。ご利用事業者様のネットワークスイッチの空いているポートに接続することで自動的にバックアップが始まります。
サポートセンター
NASの故障時には、代理店様を通じてサポートセンターへご連絡いただきNASの交換日時をお伝えいただきますと、サポートセンターは遠隔でセットボックスへ接続してデータを復旧(リストア)する操作を行います。ご利用の事業者様に複雑な運用のお手間をかけさせません。

課題解決

ランサムウェア感染時のBCP
(事業継続計画)
ハードディスクや、社内のNASにデータを保存していると、パソコン故障時にデータの消失を防ぐことができます。しかし、社内のパソコンが1台でもランサムウェアに感染した瞬間、すべてのデータが使用不能にされ事業が停止した事例が2015年末から急増しています。
クラウドバックアップでは、ランサムウェアがアクセスできない場所にファイルを保存する仕組みを持っているため、ランサムウェアに感染してしまっても迅速に業務環境を復旧できます。
地域災害時のBCP(事業継続計画)
様々な自然災害による影響で事業所が壊滅した場合、パソコンだけでなくデータを保管しているサーバも同時に被災するため、事業が停止している事例も過去にあります。クラウドバックアップを利用すると、遠隔地にインターネット回線を通じてデータを保管するため、
たとえ国内のどこで広域災害に被災しても、ファイルは消失せず存在し続けています。

仕様

クラウドバックアップのプラン

お使いいただくバックアップ容量の上限でプランを分けています。

100GB
プラン
300GB
プラン
1000GB
(1TB)
プラン
利用合計容量 100GB 300GB 1000GB
(1TB)
バックアップソフト
利用端末台数
4 4 4
セットボックスの利用 オプション オプション オプション
4台単位で、バックアップソフト利用端末台数を追加拡張可能です。

バックアップソフト
ハードウェア要件/対応OS

OSに共通して書きハードウェア仕様を満たす機器でソフトウェアの対応確認を取っています。

  • ・1Ghz以上のクロックを持つCPU
  • ・1GB以上の容量を持つメモリ
  • ・450MBバイト以上の空き容量
[Windows]
Windows 7, 8, 8.1
Windows 10 (バックアップソフトのバージョン 4.3 以降)
Server 2008 R2 (バックアップソフトのバージョン 4.7.x 以前)
Server 2012, 2012 R2 (バックアップソフトのバージョン 4.7.x 以前)
[OS X / Mac OS]
OS X 10.9-10.10
OS X 10.11 (バックアップソフトのバージョン 4.3 以降)
macOS 10.12 (バックアップソフトのバージョン 4.5.2 以降)
[Linux]
Kernel version 2.6.13 以降(バックアップソフトのバージョン 4.4.1 以前)
Kernel version 2.6.32 以降(バックアップソフトのバージョン 4.5.2 以降)
(別途必要環境についてご相談ください)

よくあるご質問

もっと保存容量が欲しい
標準サービスとして 100GB / 300GB / 1TB の3プランがモデルプランとしてございます。
それ以上は別途お見積り致しますので代理店様へご相談ください。
セットボックスとはなんだろうか
そこにデータを保存してバックアップがとれるのか
セットボックスはバックアップソフトと設定が入った状態で出荷される専用機です。
ご利用事業者様のネットワークスイッチの空いているポートに接続することで自動的にバックアップが始まるような仕組みになっています。
なお、セットボックスはバックアップ設定しかもっておらず、データ保存領域を持っていません。
現在非WindowsNASをご利用の場合に、セットボックスご利用をご検討ください。
NASを持っていないのですが宝情報で取り扱いはあるか
宝情報からはNASの販売をしておりません。
現在お取引のある代理店様よりNASの購入ご検討をお願いします
端末やサーバーの故障時に、データを戻すための手順書はあるか
バックアップソフトの、バックアップ&リストア手順が記載されているクイックガイドとサポートと連携して、仮復旧、NASを交換、通常の運用に戻るまでのNAS復旧・運用手順書をご用意しております。代理店様へご相談をお願い致します。
サーバ障害時のベアメタル復旧はできないのか
お客様の望む要件に応じてバックアップの種類が変わります。
【ベアメタル復旧】
メリット:ソフトウェアも含め、完全に環境を戻せる
デメリット:別の機器にOSやソフトを復旧した後の運用について深い知識が必要
【クラウドバックアップからのリストア】
メリット:画面操作で簡単に操作でき、好きな世代の好きなフォルダのファイルを即戻せる
デメリット:OSやソフトウェアの環境は戻せない(*Windows標準バックアップ機能を利用すれば対応は可能)
当サービスは、任意のファイルを高速に戻すことでなるべく早く、必要なファイルを順に復旧いただき事業継続していただくことを最重要視しています。

お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る