Check Pointのアンチウイルス機能ご案内

Check Pointのアンチウイルス機能

Check Point アプライアンスは以下の4つの手段で、マルウェア(ウイルス)かどうかを判定して防御しています。

1Web通信内容のチェック

  • Web通信内容のチェック
    Webサーバから送信されてくる通信内容をCheck Point社が持っているウイルス定義ファイルと一致するかを判定します。
2接続先Webサイトのチェック

  • 接続先Webサイトのチェック
    URLフィルタリング機能の一部として、Webサーバへの接続時CheckPoint社が持っているデータベースと照合して危険なWebサイトでないかを判定します。
3メールの添付ファイルに対してのチェック

  • メールの添付ファイルに対してのチェック
    スパムフィルタ機能の一部として、添付ファイルの中身をCheck Point社が持っているウイルス定義ファイルと一致するか判定します。
4危険なWebアプリケーションの判定

  • 危険なWebアプリケーションの判定
    アプリケーションコントロール機能の一部として、接続先のWebアプリケーションがCheck Point社が持っているウイルス定義ファイルと一致するか判定します。

Check Pointについての
お問い合わせ・資料請求

)は必須項目となっております。忘れずご記入をお願いいたします。

ご氏名* (例:宝太郎)
お勤め先名* (例:株式会社宝情報)
ご連絡先電話番号* (例:0600001234 , 09012345678)
ご連絡先メールアドレス* (例:sample@takarajoho.com)
お問い合わせ内容* (例:製品の案内を受けたい、製品の取り扱いを検討したい)
(株)宝情報のセキュリティニュースレターを希望”しない” 宝情報から定期配信する最新情報が不要の方は、チェックをご入力ください
見込み客のデータ元
送信いただく前に個人情報保護方針をご確認いただき、同意するにチェックをお願い致します
同意する
(*フォーム入力された情報はSSLにて保護された状態で送信されます。ご安心下さい。)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る