Check Pointのファイアーウォール&IPS機能

Check Pointのファイアーウォール&IPS機能

Check Point アプライアンスは外部からの脅威に対して次の2機能で防御しています。

1ファイアーウォール機能

  • ファイアーウォール機能
    明示的に ”何の通信を” ”どの方向から” ”どの方向に” ”許可する/防御する”など、管理者が手動で設定する事を前提とした制御方法です。近年では、この仕組みを使って人の手だけでは脅威の仕分けが出来なくなっています。良く例えられる例として、行き先と、宛先さえ合っていれば悪い人も通してしまう電車の自動改札機などがあります。
2IPS機能

  • IPS機能
    IPS(侵入防止システム)機能は、人の手でルール設定して行くファイアウォールだけでは最新の脅威に対応しきれないため生まれた、自動的にCheck Point社から最新の対策方法をダウンロードして、新たな脅威を止めてくれるシステムです。良く例えられる例として、ファイアウォール(電車の自動改札機)との対比で通信内容を詳細に確認する空港の荷物検査があげられます。

Check Pointについての
お問い合わせ・資料請求

)は必須項目となっております。忘れずご記入をお願いいたします。

ご氏名* (例:宝太郎)
お勤め先名* (例:株式会社宝情報)
ご連絡先電話番号* (例:0600001234 , 09012345678)
ご連絡先メールアドレス* (例:sample@takarajoho.com)
お問い合わせ内容* (例:製品の案内を受けたい、製品の取り扱いを検討したい)
(株)宝情報のセキュリティニュースレターを希望”しない” 宝情報から定期配信する最新情報が不要の方は、チェックをご入力ください
見込み客のデータ元
送信いただく前に個人情報保護方針をご確認いただき、同意するにチェックをお願い致します
同意する
(*フォーム入力された情報はSSLにて保護された状態で送信されます。ご安心下さい。)

お問い合わせはこちら

ページのトップへ戻る