セキュリティ最新ニュース SECURITY NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Security

新元号発表に乗じたフィッシングメールに注意

4月1日に「平成」に代わる新元号「令和」が発表されました。新元号発表でお祝いムードの最中ですが、この改元を悪用したフィッシング被害の報告も相次いでいます。

新元号発表に便乗したフィッシングメールが増加

NTTドコモやソフトバンクなど携帯電話会社を装った便乗フィッシングメールが確認されています。新元号に伴う料金改定の旨を記載したフィッシングメールを送付し、料金プランの確認を口実にフィッシングサイトに誘導するという手口です。

NTTドコモ 公式ページより

これはあくまで一例ですが、他にも改元に乗じてフィッシングサイトへ誘導する様々な手口が確認されています。
ソフトバンクでは、新元号発表に伴って料金の払い戻しを受けられるとしたキャンペーンを騙るフィッシングメールが確認され、注意を促しています。

大きな出来事の前後は便乗フィッシング詐欺に注意

普段はフィッシング詐欺に注意を払っていても、改元というめったにない出来事を引き合いに出されると、思わず騙されてしまうことがあるかもしれません。大きな節目にはユーザーの隙が生まれやすく、便乗したフィッシング攻撃が増加する傾向にあります。
改元まで残り約一ヵ月を切りました。見知らぬメールには普段以上に注意を払い、URLを安易に開かないようにしましょう。
 
CP700シリーズにはアプリケーション&URLフィルタリング機能があります。うっかり危険なリンクをクリックしてしまった場合も、即座にブロックしてくれます。モバイル端末には SandBlast Mobile のアンチフィッシング機能が有効です。
img_cp700_01 img_sbm

F-Secure PSBのBrowsing Protectionは、検索結果画面で安全なページかどうかを表示してくれます。
F-Secure

参考(外部リンク)

ドコモを装ったメールにご注意ください! | NTTドコモ
新元号発表に便乗した詐欺に注意を ソフトバンク「キャッシュバックキャンペーン騙るメールが確認されている」 | HUFFPOST

記事一覧に戻る