セキュリティ最新ニュース SECURITY NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Security

GoogleやFacebookがユーザーの音声データを取得する3つの理由

GoogleやFacebookがあなたの会話を聞いていたらどのように思いますか。

いずれの企業も、ユーザーの行動をトラッキングすることに否定的ではありません。実際にどれ程の情報が取得されているかは、Facebookの「趣味・関心」、Googleの「マイ アクティビティ」から確認してみてください。表示された情報のうちいくつかは削除したくなるでしょう。

Googleページは特に、多くのユーザーを驚かせることでしょう。ユーザーの中には、Googleアカウントを持っているかどうか把握していない人もいるかもしれません。YouTubeを含め、Googleのサービスに一度でもログインしたことがある人はチェックしてみてください。「アクティビティ管理」で設定を行わない限り、Googleアカウントでログインしたあらゆるブラウザ、デバイスでの行動記録が残されることになります。

あなたはGoogleやFacebookの商品である

インターネットにまつわる有名な言葉があります。
「あなたが無料で商品を利用しているのであれば、それはあなたが商品だからだ」

この表現が常に的確とは言えませんが、少なくともFacebookとGoogleには当てはまります。

この2社は収益を広告に依存しており、しかもマイクを搭載したデバイスにアクセスが可能な企業です。目を向けるだけの十分な理由があります。– Janne Kauhanen, F-Secure

ウェブでの行動がトラッキングされているとわかってもユーザーの行動はそれ程変わらないかもしれません。しかし、自分の端末が盗聴されているかもしれないという疑いは、大きな不安を与えます。

2016年、Facebookは広告やコンテンツ配信を目的とした音声データの取得は行っていないことを公言しました。しかし、Facebookはプライバシー侵害による罰金のための資金として最大50億ドルを確保しています。わずか一四半期で150億ドル以上を稼ぎ出した世界最大のソーシャルネットワークサービスを提供する企業にとっては、「駐車違反」に対する罰金を支払うような感覚かもしれません。
あなたがどれ程注意深く利用規約や声明文を読み込んだとしても、彼らは間違いなくそれ以上の法的な準備をしています。

FacebookやGoogleがユーザーに保障している内容には、おそらく弁解の余地が残されているでしょう。ですが、Janneが指摘するように、もしユーザートラッキングのために音声データの取得が行われていることが判明すれば、企業の評判には大きなダメージとなります。

彼らがどうやって音声データを取得できるのか、何のために取得するのか、その理由を考えてみましょう。

1. マイクへのアクセス許可が有効になっている

スマートフォンから、どのアプリがマイクにアクセスでき、音声情報を取得しているかを確認することができます。

iPhone

「設定 > プライバシー > マイク」に進みます。そこでFacebookやGoogleからのアクセス許可が有効になっていれば、無効化することができます。また、SafariなどのFacebookにログインしているブラウザも、設定を無効化することが可能です。

Android

Androidのバージョンにもよりますが、アプリごとにマイクへのアクセス許可を設定する必要があります。
「設定 > アプリケーション > アプリケーションマネージャ」に進みます。 Facebookの「許可 > マイクをオフにする」でマイクをオフにします。
こうした作業によりFacebookアプリで音声付きの映像を撮ることはできなくなりますが、それ以外の動画撮影アプリケーションで映像撮影したりアップロードしたりすることは可能です。

2. 音声認識の精度向上に必要だから

先日、音声アシスタント「Alexa」から取得した会話データを従業員が解析していることをAmazonが認めました。その時の同社の反応をまとめると次の通りでした。「もちろん実施しています。必要なことですから。」

Amazonは次の声明を出しています。
「取得された音声データは、音声認識技術と自然言語理解システムの精度を高めるために必要な情報となります。これらの情報を解析することで、Alexaの音声認識の精度はより高まり、誰が発した言葉でも理解することができるようになるのです。」
続けて、「ゼロ・トレランスポリシー(どんな小さな違反も一切許容されないルール)」を採用していると強調した上で、技術・運用における厳密な保障措置を定めていることをAmazonは述べました。

音声認識の精度を保証するためには、その有効性を実証する必要があります。それでも、多くのユーザーは自分達の会話が知らない間に実験に使われるとは思っていなかったのではないでしょうか。少なくとも、今回の事例はそうでした。おそらく、端末の利用規約への同意により、そのことにも同意したということになっているのでしょう。

3. 音声認識アプリは音声データを取得しなければならない

そもそも、音声認識アプリは音声データを取得せざるを得ません。
FacebookやGoogle検索で音声データが取得されていることは想定していなかったかもしれません。しかし、そもそもGoogleが音声データを取得しなければ、あなたがOK Googleと音声検索したり、Google Assistantを利用したりといったこともできなかったでしょう。

あなたがもし、Googleに音声のやり取りを通して大量のデータを収集しないでほしいのであれば、それは見当違いです。

実はその点を突き詰めていくと、会話データのトラッキングまでは実施されていないという事実にたどり着きます。
一見利用価値があるように思える会話データは、なぜ利用されていないのでしょうか。

企業のトラッキング技術は既に十分なレベルに達している

過去に検索したキーワードに関連する広告がオンライン上で表示された経験を持つ人は多いでしょう。では、電話を通じて取得された会話データは、広告表示に利用されているでしょうか。

技術的には可能です。ところが、Facebookの元オペレーションマネージャー Sandy Parakilasは、次のように述べています。

会話内容がクリックや検索クエリのようにトラッキングされることはないと思います。実を言うと、企業はすでにユーザーから膨大な量の情報を収集しており、会話データを取得するまでもないのです。その情報から、ユーザーに何を宣伝すべきかを驚くほど正確に判断することができますから。– Sandy Parakilas

ユーザーが個人情報と引き換えにデジタル技術の恩恵を受けているのは事実です。無料サービスを利用するしかなければ、自らの個人情報を対価として支払わざるを得ません。しかし、それによって企業が得たデータは既に十分過ぎるほどの量であり、会話内容までもがトラッキングされる心配はありません。

FacebookとGoogleは史上最も成長が著しい企業ですが、私たちの生活へ与える影響の度合いを慎重に見定めています。今のところは、私たちの会話データが彼らの広告表示に利用されることは無さそうです。
 

オリジナル記事情報

3 reasons Google and Facebook may listen to you (and what you can do about it)
掲載日:2019年4月27日
執筆者:Jason Sattler

本記事はF-Secure KKの許諾のもと、オリジナル記事を日本語に翻訳・編集したものです。
当社では、F-Secure社のエンドポイントセキュリティソフト、エフセキュア プロテクションサービス ビジネスを取り扱っております。
F-Secure

記事一覧に戻る