セキュリティ最新ニュース SECURITY NEWS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Security

4人に3人がサイバー攻撃や個人情報窃取の被害に遭うことを懸念

多くの場合、人は身の回りのリスクを正しく評価できません。
けれども、サイバー攻撃や個人情報の窃取においては、そのリスクを正当に評価しているようです。

「飛行機に乗るのが怖い」と思う人は少なからずいるのではないでしょうか。しかし実際には、車の方がより多くのリスクを伴います。あるいは、不審者や危険な思想を持つ人物を、必要以上に恐れてはいませんか?もちろん警戒するに越したことはありませんが、それでも心臓病や癌などで死ぬ確率の方が遥かに高いのです。

このように、人々が受ける印象と実際のリスクにはギャップが存在します。
ところが、インターネットに潜むリスクについては、正しく捉えている人が多いようです。

車の運転とサイバー攻撃、どちらのリスクの方が大きい?

F-Secureの新たな調査によると、回答者の71%が、自身がサイバー攻撃や個人情報窃取被害の対象になりうると自覚していることが分かりました。さらに、子どもに対して同様の懸念を示した人は73%に上ります。

一方で、普段の生活の中で交通事故に巻き込まれる心配をしているのは66%でした。交通事故の悲惨さは私たちの脳に強く焼き付いています。これには、日々報道されているニュースやドライバー自身の経験が大きく影響しています。
対して、サイバー攻撃や個人情報の窃取は生死に関わりません。それでも、最近はインターネットに潜む危険性や被害事例が定期的に取り沙汰されているため、人々の印象に強く残るようになりました。

調査によると、家族が何らかの形でサイバー攻撃の被害を受けたと回答したユーザーは過半数に達しました。更に、4人に1人がサイバー攻撃の影響を受けたことがあると回答しています。

具体的な被害はマルウェアが最も多く、後にはカード情報の窃取、SMS・電話詐欺が続きました。

個人情報は24時間365日インターネット上に存在し続ける

アメリカ合衆国在住のドライバーを対象とした調査によると、車の運転に費やす時間は一日平均51分、テレビの視聴に費やす時間は一日平均2.8時間でした。そして、インターネットに費やす時間は一日平均3.4時間。すなわち一週間のうち丸一日はインターネットに費やしていることになります。
ところが、個人情報などのデータは、私たちが眠っている間も、車の運転をしている間も、テレビを見ている間も、インターネット上に存在し続けています。

この時代、インターネットを使わずにいることはほぼ不可能です。クラウドサービスは今や生活の一部となっていますが、個人情報の用途や保存先を完全に把握することは困難です。– Kristian Järnefelt, F-Secure

Troy Huntが運営するウェブサイト「Have I Been Pwned?(外部リンク)」で、流出したアカウント数は7,858,388,981件に上ることが明らかになりました(2019年5月27日時点)。この数は、なんと世界人口である77億を上回っているのです。

攻撃者がクラウドサービスや企業が保有する大量の個人情報を狙っていることを、F-SecureのB2Bサイバーセキュリティチームは確認しています。– Kristian Järnefelt, F-Secure

どれだけ入念にセキュリティ対策を行っていたとしても、個人情報窃取の被害に遭う可能性はゼロにはできません。故に、企業が懸念すべきは、自社が攻撃を受けるか否かではなく、「いつ」受けるかという点です。

サイバー攻撃の前後で対策をする

個人情報窃取の被害者は、インターネットユーザーのおよそ10人に1人に留まっています。ところが、eコマースの普及によって、これから被害がより拡大する可能性があります。
Javelinの調査によると、個人情報窃取による被害額は増加傾向にあります。偽名アカウントを含む詐欺による被害額は、2017年の30億ドルから2018年には34億ドルに増加しています。

個人情報はいったん漏洩すると、拡散を留めることはできません。その上、何年もの間その事実に気づかないままでいる可能性もあります。多くの場合、そこで問題となるのは対応の速さです。ユーザー側が攻撃に対して迅速に対処することができれば、攻撃者は情報を盗むことは困難だと判断し、手を引くでしょう。– Kristian Järnefelt, F-Secure

 

オリジナル記事情報

Almost 3 out of 4 fear becoming a victim of cyber crime or identity theft
掲載日:2019年5月29日
執筆者:Jason Sattler

本記事はF-Secure KKの許諾のもと、オリジナル記事を日本語に翻訳・編集したものです。
当社では、F-Secure社のエンドポイントセキュリティソフト、エフセキュア プロテクションサービス ビジネスを取り扱っております。
F-Secure

記事一覧に戻る