A10ネットワークス クラウドプロキシソリューション | 株式会社宝情報

A10ネットワークス
クラウドプロキシ
ソリューション

Office365の負荷対策に
TOP 製品を探す A10ネットワークス クラウドプロキシソリューション

概要

クラウドサービスの落とし穴

近年のオフィス環境では、Office 365やG Suiteなどクラウドベースのサービス利用が進んでいます。それに伴い、従来であれば自社ネットワークで完結していた作業もインターネットを介す必要が生まれました。こうしたクラウドサービスの特性は通信セッション数を激増させます。その結果プロキシの負荷が高まり「メールが受信できない」「予定表が開けない」といったトラブルを生み出します。

既存の解決策のデメリット

こうした場合、プロキシを増強する、クライアント設定を変えて経路変更を行う、といった解決策があります。しかしプロキシを増強するには高額の投資が必要となり、クライアント設定を変更するにもPACファイルの配布やドメイン更新など運用の負担が重くなります。

クラウドプロキシという解決策

クラウドプロキシならこうした問題を一挙に解決します。プロキシを増設するより遥かに安いコストで導入でき、URLを判別してクラウドサービスのみ経路変更することで既存プロキシの負荷を軽減します。既存のネットワークに追加するだけで実現可能なのでクライアントの設定も不要です。

特徴

プロキシをバイパスして
Office365の高速化を実現

Office 365宛の通信を識別して直接インターネットへ転送し、それ以外の通常通信を既存プロキシに振り分けることでOffice 365の通信高速化を実現します。既存プロキシの負荷軽減にも繋がります。

Office365のドメイン/
IP情報を自動更新

Office365のドメインやIPアドレスは不定期に変更されるため、情報更新が不可欠です。クラウドプロキシソリューションなら、販売パートナーによる自動更新サービスを利用することで情報更新を完全に自動化することができます。

優れたSSL処理能力

Thunder CFWシリーズならSSLトラフィックの可視化も可能です。複数の暗号を使用した広範なSSL処理を行い、最大40 GbpsのSSLスループットを実現します。クラス最高のSSL処理テクノロジーによってSSLトラフィックを復号できます。

豊富なログ機能

プロキシとしてのログだけではなくHTTPアクセスログも出力することが可能です。また、発信元と発信先情報にもとづいてアクセスを許可/不許可することができるため、許可していない通信を行った場合にもログを出力することが可能です。

個人アカウントの利用を制限

SSLインサイト機能により、個人アカウントでの利用を制限して法人アカウントのみの利用に統一することができます。Office 365の他、Gmail、Boxなどの他のクラウドサービスもクラウドプロキシで個人アカウントの制御が可能です。

  • ※SSLインサイト機能には対応機種が必要です。
  • ※SSLインサイト機能については、こちらもご参照ください。

Skype for Businessの振り分けも可能

ThunderシリーズはWebトラフィックだけでなく音声・ストリーミングトラフィックの振り分けも可能です。Skype for BusinessをはじめとしたVoIPソリューションにも効果を発揮します。

利用イメージ

仕様

インターフェース 1GC×5, 10GF×4 1GC×6, 1GF×2, 10GF×4
L4スループット 15Gbps 30Gbps
L7スループット 12Gbps 30Gbps
L4 CPS 450,000 750,000
同時セッション数 32,000,000 64,000,000
SSL CPS RSA/ECDSA 16,000 / 8,000 30,000 / 20,000
ADP(パーティション数) 32 64
電源冗長 オプション(標準搭載1) 標準(標準搭載2)
外形寸法(H×W×D mm) 44.45×444.5×438.15 44.45×444.5×443.23
最大消費電力 110W 240W
重量 6.8kg 9.3kg
  • ※上記は製品の一例です
  • ※1 CPS=Connection per Second (毎秒コネクション数)

その他の情報については
こちらから