CylancePROTECT®

独自の数理モデルで高い検知率を実現 次世代マルウェア対策
powered by CYLANCE
TOP 製品を探す CylancePROTECT

概要

CylancePROTECTはシグネチャを利用しない次世代型のエンドポイントセキュリティです。
機械学習によって作られたエンジンは99%以上という高い検知率を誇り、未知のマルウェアにも対応可能です。
専用のサーバーが不要、コンピューターへ与える負荷が低いなど、運用の手軽さも魅力の一つです。
更に、外部機器接続の制御も搭載。外部機器に対するセキュリティも確保します。

※出典元:2018年4月NSS Labs調べ

CylancePROTECTの
マルウェア判定方法

特許出願技術により10億個以上のファイルを人工知能に学習させています。
一つひとつのファイルから約700万個の特徴を抽出し、マルウェアと判断するルールを作成。
それに基づき、ファイルの特徴からマルウェアかどうかを高精度に判定します。ランサムウェア対策にも効果的です。

 検知方法

システムの構成例

クラウド上にあるWebコンソールでCylancePROTECT導入端末の管理やモニタリングを行います。
WindowsやMacなど複数のOSが混在していても問題ありません。
また、新たな機械学習によるマルウェア判定数理モデルのアップデートがあった際には、クラウドから自動で配信されます。

 システムの構成例

小規模な導入

CylancePROTECTはわずか5ライセンスからの導入に対応。余分なコストをかけることなくお使いいただけます。
「限定的な導入で効果を測りたい」「特定の部門だけで利用したい」など、少数のライセンスしか必要でないケースにもCylancePROTECTはおすすめです。

エディションによるサービス対応表

Basic Basic mini
マルウェア対策
Webコンソール ×
小規模導入 20L~ 5L~

動作環境

端末要件
  • 1.対応OS
    • ・Windows Windows XP SP3 (32/64bit) ※特定のKBパッチを適用済であること Windows Vista (32/64bit) Windows 7 (32/64bit), Windows Embedded Standard 7 Windows Embedded POSReady 7 Windows 8及び8.1 (32/64bit) Windows 10 (32bit/64bit, Agent 1310以降対応) Windows Server 2003 SP2 (32bit/64bit) ※特定のKBパッチを適用済であること Windows Server 2008及び2008 R2 (32bit/64bit) ※特定のKBパッチを適用済であること ※Server Coreは除く Windows Server 2012及び2012 R2 (32bit/64bit) ※Server Core 及びMinimal Server Interfaceは除く Windows Server 2016 (Agent 1410以降対応) ※Standard, Data Center, Essentialsが対象, Nano Serverは対象外
    • ・Mac Mac OS X 10.9 / 10.10 / 10.11 ※Appleの組み込みXProtectを補完 ※OS X 10.11はAgent 1310以降対応となります macOS 10.12 (Agent 1410以降対応)
    • ・Linux RedHat/CentOS 6.6/6.7/6.8 (32bit/64bit, Agent1430以降対応) RedHat/CentOS 7.0/7.1/7.2/7.3 (64bit, Agent 1430以降対応)
  • 2.メモリ
    • 2GB
  • 3.ハードディスク空き容量
    • 500MB (隔離フォルダを除きます)
その他の要件
  • 1.インターネット接続(DisConeected Modeを除く)※製品登録時に必要です
  • 2.クライアントの管理者権限 ※ソフトウェアインストール時に必要です
  • 3..NET Framework 3.5 (SP1) 以上 ※Windows版のみ必要です .NET Framework 4.0 Full 以降を推奨します (Client Profile非対応)
  • 4.TCP443で特定ドメインへのHTTPSトラフィック許可
制限・留意事項など
  • 1.Microsoft社サポート終了製品に関して、不具合発生時の調査に責任を負えません
  • 2.他社製アンチウィルス製品と併用する場合は、特定フォルダを除外いただくなどの対処が必要となります
  • 3.他社製メモリ監視用製品とMemory Protection機能との併用はできません
  • 4.導入前に事前の動作検証を推奨いたします

その他の情報については
こちらから